どう返信すべき?英語のメール - Abroad Company

どう返信すべき?英語のメール

英語は好きですか?嫌いですか?

英語でのメールは戸惑っていまいますね。英語が少しでもわかればなんとかなりそうですが、苦手だとこまってしまいます。かと言って仕事上でのメールですから無視するわけにもいきませんよね。まずは周りの人で英語が解る方はいないでしょうか?解る人がいるようならその方にみていただいて返信までお願いしてみてはいかがですか。もし、周りに英語がわかる人がいなければ、自分自身でなんとかするしかありません。今は翻訳ソフトも簡単に使える時代です。多少の時間はかかってしまい面倒ですがパソコンでメールの文章を打ち込んで翻訳してみるしかありませんね。この場合、パソコン機能のコピーなどを使えば時間もかなり短縮できると思います。チャレンジしてみましょう。

もう少し頑張ってみましょう。

首尾よくなんとか翻訳できたら今度は返信です。翻訳したメールの内容への返信文も英語に訳さないといけません。でもさきほどとは逆の手順で日本語を英語に翻訳すればよいだけですからなんとかなりそうですね。翻訳した文章を打ち込んで送信すれば一件落着ですが文章の最後にお相手の方に日本語が解るかどうかとできるならこちらは英語が苦手である旨を伝えてみてはいかがでしょうか?グローバル社会である現代、英語は全世界の標準語になっていますからできれば英語が解るように勉強できればよいのですが忙しかったり、億劫になってしまい三日坊主だったりと日本人にはなかなか難しい問題でもありますね。まずはどんな形でも英語に触れて行くことが大事だと思います。

英語で面接を受ける際には、できるだけ簡潔な表現を心がけることや、相手とのコミュニケーションを楽しむことがポイントです。