どう切り抜ける?英語での面接 - Abroad Company

どう切り抜ける?英語での面接

求められる英語力の中身を正しく理解する

ビジネスのグローバル化は止められません。インタネットの普及や交通網の発達で、どんなサービスも市場が世界規模に変わっていっています。日本の内弁慶的な終身雇用の労働形態は成り立たなくなりつつあり、完全実力主義の外資系の企業がどんどん参入してきています。
この時代の流れを受けて、社員の英語力というのは大変重視されます。ただし、この英語力というのは学校の試験で高得点を取れば合格というのとは、少し違います。むしろ面接では、学力テストでの点数が高い人間の方が、自分の英語力を過信してしまって思わぬ落とし穴にはまってしまうケースもあります。外資系の英語の面接では、コミュニケーションの円滑さよりも、正しく理解し、正しく伝えることが重要になります。

英語を話すときの自分は別人格

外資系の選び方としては、まず英語でのキャリア診断を行ってみることがおすすめです。不思議なことに日本語で分析を行った場合と、違った結果になることがあります。実は言語の使い分けは、脳の中で人格の切り替えもされているという研究結果があります。日本語では無口だった人が、英語になると饒舌になるという場合があるのです。
外資系を希望するときに、自分がグローバルな風潮の中でどういう振る舞いができる人間なのかを把握しておきましょう。そうすれば、面接前の英語でのメールのやり取りだけでも、外資系会社の考え方が分かるようになります。
面接では自信たっぷりに英語を話しましょう。ただし「ちゃんと通じてますか?」と、ジョークのように言いながらも意味が伝わっているかを確認する謙虚さをアピールすれば、成長の伸びしろが期待できる人材だと判断されます。

外資系の求人に申し込みをする場合には、各企業で求められているスキルや人物像について把握をすることが大事です。